2017年7月20日野呂川に行きました。

山シーズン到来とあって、平日でも駐車場が込み合うと思い、早めに駐車場に到着。

準備をし、乗り合いタクシーを確保して5時には駐車場を出発。

2017_07_norogawa0010

↑早くから車がたくさん停まっている芦安駐車場

6時広河原着。バスでもほぼ同じ時間に来れます。

2017_07_norogawa0020

↑アルペンプラザ。 北沢峠行きのバスのチケットが買えます。今回はタクシーの中で入漁券を買いましたが、ここでも買えるようです。

2017_07_norogawa0030

野呂川は、ヤマトイワナを守るために、場所によって禁漁区があったり、キャッチ・アンド・リリースが義務付けられていたりします。また、場所よって禁漁期も早まっていますので注意が必要です。

2017_07_norogawa0035

↑「野呂川出合い」の停留所

今回は北沢峠行きのバスに乗り換え、「野呂川出合い」で下車して本流を釣りました。

2017_07_norogawa0040

2日前に梅雨が開けて、気持ち良い晴天になりました。

今回は、天気が良くなる予報でしたので、ウェーダーではなくウェットゲーターで歩くことにしました。

山の上で涼しいとはいえ、歩いていると暑くなりますので、快適に歩けました。

2017_07_norogawa0050

ロッドはザックに入れて河原までおり、着いてから準備します

2017_07_norogawa0060

最初は反応がなかったものの、9時過ぎから反応が出始め、ポツポツ、ドライで釣れ始めました。

山岳の雪代の激流で育ったイワナの引きは強く、サイズ以上の引きが楽しめました。

2017_07_norogawa0070

↑これはニッコウイワナ

2017_07_norogawa0065

2017_07_norogawa0085

 

2017_07_norogawa0100

↑同行したHさんもコンスタントに釣っていました

2017_07_norogawa0105

↑良型に笑みがこぼれます

この日は、ほとんど14番のピーコックパラシュートを使いました。

サイズはあまり大きくない方が反応が良かったです。

2017_07_norogawa0080

2017_07_norogawa0090

この日の帰りのバスは「出合い」の停留所に4時10分でしたので、昼過ぎまで釣って、ゆっくり戻りました。

2017_07_norogawa0110

停留所に戻ると、時間が少しありましたので、停留所の下の北沢で時間まで竿を出しました。

北沢はC&Rになっているため、魚影が濃く、短い時間でも楽しめます。

2017_07_norogawa0120

北沢で釣れるイワナはほとんどヤマトイワナでした。 野呂川のヤマトイワナは小さい白点があるそうです。

 

高度2000m近い野呂川は、下界と違って涼しくて、快適に釣りができました。

シーズンが短いですが、お勧めの釣り場です。是非一度訪れてみてください。

 

【私の装備とタックルのご紹介】

2017_07_norogawa0140

ウェットゲーター:リトルプレゼンツ・ウェットゲーター

WDシューズ:SIMMS VAPOR BOOT VIBRAM

シャツ:FREE KNOT BOWBUWN フーディ

バッグ:SIMMS WAYPOINTS BACKPACK + CHEST PACK

ロッド: EUFLEX Infante 813-6NSF

リール:HATCH 2Plus

ライン:Mastery Wavelength LDL DT3F

スタッフGS

1
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加